2018年03月10日

顎の痛みは顎関節症かも、今も続くクリック音、治療法なしの症状との付き合い

学生時代の頃から、口を開けるたびに「コクンっ」と音がなる症状に悩んでました。
ネットが使えるようになり、パソコンで検索ができるようになった初日に調べた検索キーワードの一つが、「顎 音がなる」でした。調べてみると、顎関節症というらしいです。こういう体の問題は自己判断で勝手に決めてしまうとよくないので、一応歯科医で受診。

診断結果は、やはり予想どおり「顎関節症」でした。
また、その時に知ったことですが、顎を開け閉めした時に「コクっ」とか「くりっ」となる音のことをクリック音というそうです。まあ、そんなことはどうでもいいんです。ホントに知りたかったのは治療できるのか・・、ってことなんですが、医師から言われたのは「顎関節症は一生治ることはない」とのこと。


一般的にはマウスピースを咥える治療法があって、わたしもその治療を受けていたんですが、数年経過した今もなお、顎の音はなくならず。しかも、最近では痛みが出始めているのも事態の深刻化を表しているようで、なんだか怖いんですよね。ただ、一つだけ、この音と痛みが楽になる方法を見つけることができました。


Youtubeの動画でもアップされているんですが、顎関節症に悩む方むけのストレッチを紹介している動画です。確か整体師の方が動作を交えてレクチャーしているので顎関節症の悩みを抱えている方にもお薦めです。このストレッチ法が根本的な治療になるわけはないんだけど、応急処置って感じで痛みの軽減には繋がるんじゃないかな~と思います。

もし、機会があれば、Youtubeで検索してみてください。顎関節症の方向けのコンテンツは結構な数あります。ストレッチだけでなくツボを押す方法などもあるので、自分に会った方法を試してみて、、痛みと音とうまく付き合える方法を見つけてみるといいかな~と思います。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。